FC2ブログ

上野・谷中お花見吟行句会のご報告

平成26年3月29日」、上野・谷中界隈にて、プチ54ら会「お花見吟行句会」を開催しました。
当日はお天気もよく、絶好のお花見日和。上野公園は花見客で大混雑でしたが、目印の54ら旗のおかげで迷子になることもなく、お花見と町歩きを楽しみ、俳句を作りました。
   IMG_3125_convert_20140420175905.jpg

賑やかな公園内を抜けて、花園稲荷、五條天神へ。ようやく静かになり、手帳を広げ、歩きながら俳句を作ろうという気分も高まります。不忍池も桜で縁取られ、まさに花の雲。池を巡って谷中へと向かいました。

  桜狩人の谷間に花が散る    (仁)
  両手挙げ桜見上げる児の笑顔  (桜)
  嬉しさも悲しさもいま桜咲く  (中)

谷中はお寺の多い町。塀からこぼれる美しい枝垂れ桜、古い家並みなど、まるでタイムトリップをしたよう。細い路地を懐かしい風情に浸りながら歩きます。

  春風に足取り軽く寺の町    (山)  
  路地裏をそっと飾りし雪柳   (谷)

谷中墓地の桜はまだ五分咲きでしたが、小野梓先生のお墓にも参拝できました。さらに路地を行くと地面に布を広げて昔懐かしい木の玩具を売っていたり、長閑な昼下がりです。 

  幾年も春めぐり来て墓碑の群れ (藤)
  啓蟄や道端に売る木の玩具   (広)

散策に少し疲れたところで朝倉彫塑館に到着。ここは朝倉文夫のアトリエと住居であった所ですが、中に入るとあの大隈重信侯の像が!そう、早稲田キャンパスにある大隈像は朝倉文夫の作であったのです。数々の作品や趣き深い建物、屋上庭園を鑑賞しました。
 
 窓ごしの春日に凛と重信像   (益)

ちょうど夕日が沈む頃となり、「夕焼けだんだん」と呼ばれる階段坂を通り、地元商店街へ。昔ながらのお惣菜屋さん、お肉屋さんの店先を通ると、よい匂いにお腹も空いてきます。一路、句会場の居酒屋へと向かいました。
   IMG_3159_convert_20140420180004.jpg

句会・宴会は千駄木の「にしきや」2階座敷で。俳句は全く初めてという人も多かったのですが、見てきた景を題材に、句作りに挑戦。1人で2句、3句と力作が披露され、楽しい句会となりました。その後のビール、食事のなんと美味しかったこと!宴はおおいに盛り上がりました。皆様、本当にお疲れ様でした!
                (広渡詩乃記)

コメントの投稿

非公開コメント

WASEDA54ら会 会員登録
会員登録はこちらから!
プチ54ら会・イベント
参加申込・問い合わせ
54らの広場
会員の情報発信ページ
54ら会について
早稲田大学校友会1979年次稲門会
おたよりフォーム
54ら会へのおたよりや感想、ご意見はこちら
※54ら会ホームページに転載させていただく場合があります。
最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード