FC2ブログ

4月1日、夜桜会を開催 神田川をそぞろ歩き

みなさま、俳句吟行って、ご存知ですか?
夜桜をながめながら俳句を詠みませんか、との広渡さんのお誘いで、
歩きながら、指折りながら、言葉をさがし、
5・7・5に思いを込めました。
宴席で、短冊に書いた句を集め、一覧にし、それぞれが気に入った句を読み上げるという趣向。
楽しいひとときが、過ごせました。
夢中だったので、かんじんの桜の写真がありません。(管理人)      桜をながめて短冊に一句 
                         
「プチ54ら会でお花見を」という話から、4月1日に夜桜会を開催。早稲田大学近く、神田川の桜を見物することになりました。さらに、そぞろ歩きしながら桜をお題にちょっと俳句でも作ってみよう、ということになったのです。

この日はよく晴れて暖かく、絶好の花見日和となりました。夕刻に大隈会館を出発し、大通りを渡って神田川へ。江戸川橋まで続く川の両側は、今を満開と咲く桜並木が川へと枝を伸ばし、見渡す限りの薄紅色です。夕べの川風に花弁がはらはらと散り水面へ・・・。橋を渡ると川沿いが遊歩道となっており、関口芭蕉庵や椿山荘に続く、風情豊かな散歩道。日が暮れると夕闇に桜並木の提灯の明かりが揺れ、夜桜はいっそう幽玄な美しさです。公園の桜の木の下では、あちこちで宴会が始まっていました。
途中、椿山荘の庭に寄り、ゆっくり歩いておよそ40分、江戸川橋の交差点近くの蕎麦処、「弁慶」に到着。会場に直接集合のメンバーを含め、13名が集まりました。花と再会を祝してまずは乾杯。俳句は全く初めて、小学校以来、という人がほとんどでしたが、1人2句、3句と投句があり、合計41句もの出句が揃い、楽しい句会となりました。
花見の座興、気軽な気持ちだったのですが、皆さん初めてとは思えない力作ぞろい。 選句のお名乗りも元気よく、酒杯もすすみました。
                            DSC00567_convert_20100416211149.jpg

             夜の桜そぞろ歩きの五十路かな  藤瀬
             花枝垂れコンクリートの神田川  益田
             風に舞ふ花一輪を掌の中に    小林
             花筵あそこネクタイここ家族   山口
             穏やかに桜を愛づる二人かな   桜井  
             新社員熱き鼓動に花揺るる    日比野
             父とゆく三千院の花ふぶき    福島
             川底のしんと澄みゆく夕ざくら  広渡   
                (当日句会より任意抜粋。順不同。)

神田川の美しい桜と美酒と句と・・・座はおおいに盛り上がり、楽しい一夜となりました。皆様、本当にありがとうございました。(文責・広渡)



コメントの投稿

非公開コメント

WASEDA54ら会 会員登録
会員登録はこちらから!
プチ54ら会・イベント
参加申込・問い合わせ
54らの広場
会員の情報発信ページ
54ら会について
早稲田大学校友会1979年次稲門会
おたよりフォーム
54ら会へのおたよりや感想、ご意見はこちら
※54ら会ホームページに転載させていただく場合があります。
最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード