FC2ブログ

花見宴開催しました

2016年4月3日、井の頭公演で54ら会花見宴開催しました
前夜からの雨が降り続き開催そのものが危機に瀕した花見宴ですが、自称「スーパー晴れ女」梶田さんの気合で開催30分前に雨を吹き飛ばし、無事今年も華麗・豪華・絢爛に花見宴が行われましたので報告します。

今年は東京都公園管理課が「シート」を貼っているだけでは「無権利、誰かが占有していないと権利なし」という新ルールを導入。  
我らが住吉会長が朝6時に、林原副会長が朝7時に、そして遠方の村瀬夫妻が8時に占有継続と機材運搬、テーブルセッティング等を担ってくれました・

しかし前夜からの雨はしつこく6時、7時、8時、9時と時間が経過しても降り止まず、やはり晴れ男の「茂原幹事長」を無理やり拉致してくるべきだったかと幹事団。
                        IMG_2694.jpg

そこへ「晴れ女 梶田予定どおり参上」のメールが本人から入り、9時半に雨は小降りからポツポツに。晴れ女の到着とともに空は曇天なれど雨はぴたりとやみました。
「雨男の一人や二人ごとき、ちょろいもんよ!」
と晴れ晴れした顔で梶田女史、意気軒昂。

「54ら花見宴」の危機を救ったのは、やはり女性パワーでした。

10時30分会場の「西園」ソメイヨシノ大木正面で花見宴開始。
① セッティング
・ テーブル3セットを運びテーブルクロスを張ります。
・ 椅子人数分をセット
・ ロゼシャンパン用のフルートグラスをセット
・ 「54ら旗」を誇り高くテーブル正面に掲揚
② 第一部
・ ケータリングのオードブルと幹事自家製「ハモンセラーノ+カマンベール」、サラダ 
・ ロゼの泡で乾杯 乾杯!ロゼシャンパンのグラスを高く掲げたすぐ上から、満開のさくらが視線いっぱいに広がります。グラス越し正面の桜花と54らの旗を愛でて、飲み干す至福の瞬間。
・ 続いて福田氏セレクションの「どくっ」と重いフルボディ赤ワインをアソーティッドチーズで堪能。
    IMG_5769.jpg

③ 第二部
・ 「なだ万」特製花見弁当「花の膳」等を並べます。
・ これに合うのは何といっても54ら会が誇る日本酒ソムリエ藤井氏セレクションの銘酒。
・ 「美味過ぎる。。。」暫し言葉を無くして銘酒と料理に没頭してしまう我ら。
    IMG_5776.jpg

車座花見宴ですと、姿勢は猫背になり、視線はどうしても斜め下となるので、「花より団子、花より酒、視線は相手の胡坐」になりがちです。
一方、椅子テーブル宴では高い位置からさらに視線が斜め上方に向かい、上方いっぱいに展開されるさくらが常に目線に入り、陶然たる酔いが回るにつれて、幻想的、官能的で倒錯した気分、雰囲気に浸りだします。古代の花見宴もおそらく近似したスタイルだったのではないでしょうか。

周囲の訝しげな視線と羨望を浴びつつも、我らが「54ら旗」は花散らしの風を受けてはためき続け、天下に輝きを示しました。
2時近くに花見宴たけなわで終了。
    IMG_5793.jpg

④ 第三部
近隣の幹事宅に移動。まだ残る料理つまみ。近所のコンビ二でバーボンウイスキーなど個別発注の酒を調達。延々と54ら談義は続きます。

⑤ 第四部
徒歩で井の頭公園本園を通って池越しの桜に感嘆!
    IMG_5795.jpg

そのままの勢いでカラオケ館「吉祥寺パーティー館」へ。皆大人ですから90分でバシッ!と歌って、90分でスパッと切って、「紺碧の空」でバッチリ決めて17時半に解散、終了!

「さあ次は早慶レガッタ、墨田川で集合だ!」
「その前に火曜日幹事会でしょ!」「それから拡大幹事会だ」と誓い合って解散しました。お疲れ様。

参加者(順不同 敬称略)
住吉、林原、福田、藤井、福島、櫻井、梶田、永田、系野、
村瀬夫妻、村山夫妻
文責 村山 豊

コメントの投稿

非公開コメント

WASEDA54ら会 会員登録
会員登録はこちらから!
プチ54ら会・イベント
参加申込・問い合わせ
54らの広場
会員の情報発信ページ
54ら会について
早稲田大学校友会1979年次稲門会
おたよりフォーム
54ら会へのおたよりや感想、ご意見はこちら
※54ら会ホームページに転載させていただく場合があります。
最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード