FC2ブログ

早慶戦応援2016.5

年春季早慶戦観戦会実施報告:2016年5月28(土)
 2016年5月28(土)9時、我ら54ら会精鋭14名が気合充分の状態で、1塁側のファミリーシートボックス席3ヶ所を占有し、今回で四回目となる早慶戦ボックス席観戦会を実施しました。
 今期は早稲田は前回覇者の勢いは去り次々とライバル校に勝ち点を献上。一方ライバル慶應も不振を極め、早慶戦は5位回避決定戦。しかし早慶戦は早慶戦です。定時総会を前にして、「こういうときこそ母校を応援するぞ!」と集結した54らの心意気が発揮されました。
 ファミリーシート今回も「席取挺身隊」が結成されています。今年も藤瀬隊長以下気合充分の4名が前日の12時および当日の7時半に並び、先頭列の早大内1番2番3番4番を独占した次第です。
  IMG_6046_convert_20160609070451.jpg   IMG_6050_convert_20160609070604.jpg
 さて11時になって中心メンバーが揃いました。
今回のドレスコードは春季54ら第一正装→54らTシャツand/or黄色いピブス。
「OBGが飲んで騒ぐほど早稲田の勝利は近づく。」
 試合を前にして乾杯そして乾杯。一塁側応援席の中でもひときわ目立つ黄色い軍団こそ54らの13人衆
  IMG_6079_convert_20160609070730.jpg   IMG_6080_convert_20160609070802.jpg
 満員でごったがえす一塁側応援席付近の通路を歩く人々から、「あ、ここいいな。」「ここって誰でも座れるんですか?」などなど、羨望の視線注目を浴びる我ら。
 酒類、料理が各ボックスのテーブルを埋め尽くし、1人が到着すると「カンパーイ!」とやっているものですから、早慶賛歌が始まる12時はあっという間に来ました。
  IMG_6089_convert_20160609070832.jpg
 試合については派手な打撃戦となりどちらかの応援席がしょっちゅう「紺碧の空」か「若き血」を歌っているという展開でした。しかし「若き血」の演奏回数が上回り、残念ながら慶應の勝利となりました。
 敗因は幾つかあるでしょうが、昨年の春の灼熱状態と異なり気温が暑過ぎず寒過ぎずだったため、54らのアルコール消費量が通常の域を超えず理性が残っていたことが挙げられます。この反省にたち、秋の早慶戦では飲みの絶対量確保を目指す所存です。
 母校野球部と華麗な応援指導を展開した応援部に対して、何十回目かの「カンパーイ」をした後で、勝っても負けても楽しい早慶戦を観戦できる喜びと幸福を改めて実感した我ら54ら13名でした。
  IMG_6101_convert_20160609070924.jpg   IMG_6104_convert_20160609070956.jpg
 なお母校は翌日の第二回戦、翌々日の第三回戦を制し、慶應から見事勝ち点を挙げました。我々の想いが天に通じたといえましょう。
 フレーフレー 早稲田!    フレーフレー54ら!

出席者(  )内は「席取挺身隊役職」 敬称略 球場到着順
藤瀬(席取隊隊長)、益田 あけみ(同副長)、益田 聡(同作戦参謀)村山(同兵站参謀、世話係)、
福島、遠藤、小林、系野、桜井、中村、奥田、長坂、林原、日比野
文責 村山 豊
       

コメントの投稿

非公開コメント

WASEDA54ら会 会員登録
会員登録はこちらから!
プチ54ら会・イベント
参加申込・問い合わせ
54らの広場
会員の情報発信ページ
54ら会について
早稲田大学校友会1979年次稲門会
おたよりフォーム
54ら会へのおたよりや感想、ご意見はこちら
※54ら会ホームページに転載させていただく場合があります。
最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード